2022'10.06 (Thu)

地獄の釜の蓋


春先に 少し日が当たる場所か日陰のジメジメした場所に ペターっと張り付いているような不思議な植物に遭遇します
キランソウです シソ科の植物で紫または白い花を咲かせます 白は珍しいですね いまだ見たことがありません
わりかしそこらへんで見れるようですが 地元では遭遇したことがなく 少し遠くの公園や道端でないと見かけません…カキドオシはいっぱいいるのですが

地面に張り付いているような見た目から ジゴクノカマノフタ とも呼ばれるそうです
キランソウは薬草としても大活躍していたようで あまりにも効果が良すぎるので 医者いらずだとか医者殺しとも言われていたとか なんとも物騒な名前…
深緑の葉 どこか瘴気を感じさせるような紫の花も見ていてゾクゾクしますね そういえば園芸品種にアジュガがありますが キランソウと近縁種だそうで 流通しているアジュガは セイヨウジュウニヒトエの仲間でもあるそうなので 結局どっちなのかはわかっていません
オドリコソウとヒメオドリコソウみたいなものでしょうか

お花 ふわふわしていてかわいいですね マクロレンズで撮影するとシマシマでキラキラです かわいいです
キランソウとの出会いは4年前くらいだったかな たまに散歩していた公園で ふと足元に変わった形をした植物を見つけたので撮影 まだ植物についてあまり詳しくなかったのでなんだかわからず やっとキランソウだと分かったのが半年後くらいでした
翌年 キランソウにはじめて遭遇した公園に足を運びましたが 残念ながら整地されてしまい彼らの姿はありませんでした 以来その公園にキランソウが生えてくることはありませんでした…
写真は今年5月ごろに撮影したもので 少し遠い公園で見かけたものです コナスビが生えていたのでもしかしたらキランソウもいるかなと探してみましたところ すぐに見つかりました コナスビも似たような場所に生息しているので探しやすいですね
はじめてお会いしてから3年ほど経っていました 地域によってはいっぱい見れるのかもしれませんが もしかしたらそれだけ数が減っているのかもしれません

また来年も キランソウにお会いできたらいいなあ 庭には生えてこないので代わりにアジュガをお迎えしたまでです
庭のどこかにひっそり生えてきたらうれしいですが 山野草を販売している花木センターに売っていないかどうか そこら辺に生えている植物とはいえ 私にとっては貴重で大好きな植物なので財布をひっぱたいてでもお迎えしたいです
スポンサーサイト



テーマ : 花の写真日記 - ジャンル : 日記

植物/園芸  |  Top↑

2022'10.05 (Wed)

頭痛い


去年~春先までのお花の写真を載せたいところですが あまりにも量が多すぎて どの子から載せたら良いのか…
パンジーとビオラは30種類近く育てていたので枚数もすごい お気に入りの品種をピックアップして紹介するのも面白そう
ところで 私年末になるとヒナソウを必ずお迎えするのですが いままで水色と白だけだったので 今年は濃い青の子でもお迎えしようか悩んでいます ヒナソウは夏越しがだいぶ難しい植物ではありますが コケのように表面しか根を張らないので根詰まりがないこと 雪や霜にめっぽう強く耐寒性が抜群で 暖かくなるといっぱい花を咲かせて可憐な姿を見せてくれるので オススメします
ピンク色のヒナソウがあっても良さそうですが 青系しかないんですね

今日はとっても冷え込みました 突然寒くなったので頭痛がひどいです 昼休みの間にぼんやり頭痛がやってきて 自律神経の薬を飲んだのですが効かずで…あまりひどいときはロキソニンを服用しなさいと医者に言われているので 致し方なく使うことにします
あまり強い薬には頼りたくないのですが 明日も仕事なので飲むしかないですね
夜中はもっと冷え込むそうなので 身体は大事にしないとですね 今晩はあたたかいスープでも飲みます なに飲もうかな~
日記  |  Top↑

2022'10.04 (Tue)

絵がよくわからなくなってきた


久しぶりにがっつり描きました 気合いを入れたのは夏以来なので 絵の描き方をほとんど忘れてしまっています
塗りはよく遊んでいたソシャゲの立ち絵を参考にしましたが 忘れているとなると難しいですね…かなり苦戦しました
この子は元は二次創作で考えた子ですが いっそのこと擬人化させるなら一次が良いのでは?ということで改めて一次創作に取り入れた子です ラバテラをモチーフにしています 黒髪赤目で服装も黒づくめですが 花言葉通りの性格をしているので
創作で一番贔屓している子です 黒髪赤目が大好きで さらにラバテラ自体も推しなので気に入っています

絵はだいたいこれくらいが気楽でちょうど良いです SAIの平筆ツール描きやすいので重宝しています
鉛筆や水彩筆ツールを駆使するとなると 筆圧をかなり気にしなくてはいけないので すぐに腱鞘炎になってしまいます おじいちゃんなので手首が脆いです…
この子も 上の子と同じで二次から取り入れた子です そこそこマニアックなので配色でピンと来る人いるかもしれません
モチーフはキランソウ 二次設定ではなんでも治せる医者として活躍していたので この花にしました ラバテラさんに次いで贔屓している子です 最近お熱です ショタかわいいよショタ

園芸に専念していたので 短期間で絵の描き方をきれいさっぱり忘れてしまうのはよくないですね 簡単に済ませながらも 自給自足ができるくらいの絵が描けるなら それはそれで良いのではないでしょうか
うちの子をたくさん描いて自給自足を貫きたいです たまりません みんなカワイイ
日記  |  Top↑

2022'10.04 (Tue)

涼しくなあれ


今日も植え替え作業をしました すごく暑かったですね まだちょっとモワっとします
あまり暑いと 冬場に活躍する植物たちが萎びてしまうので もう少し涼しくなってくれると…明日から 数日間は涼しいみたいですね
しかし 急激に冷え込んでしまうと トウガラシやニチニチソウなどが元気なくなってしまうので 植物全部のことを考えて管理するのは とっても難しいです
パンジーは ハロウィンカラーで寄せ植えしてみましたが これはハロウィン色と言って良いものか なんだか違う気がします

先月お迎えしたピンクのダンギクさん こちらもやっとプランターが空いたので植え替え作業をしました
隠れちゃっていますが 真ん中に紫のダンギクがいます そういえば ピンクのダンギクを販売している育苗家さん 名札にキク科と表記してしまっているんですよね…ダンギクはシソ科(昔はクマツヅラ科)なので 菊の仲間ではありません 名前にキクがついてもまったく別の種類のお花さん いっぱいいて混乱してしまいますね 私もシュウメイギクはキク科だと思っていました
右上背後に映っているのは 間違えて発芽してしまったシラー(オオツルボ)です ベル咲のシラーは発芽していませんが この子だけ出てきてしまっています 夏~秋の間は 日光浴はNGだそうですね このまま咲いてしまうのでしょうか

小さいコルチカムも咲きました とっても小さいです 分球したてでまだまだ赤ん坊なので これからもっと大きくなってくれるかな?
そういえば 今年は各地でコルチカムをあまり見かけない気がします 毎年得意先付近でコルチカムがいっぱい咲き乱れる場所があるのですが 今年は雑草だらけになっていました ほかの箇所も咲いておらず コキアまみれに…管理する人がいなくなってしまったのでしょうか 八重咲きや白花もあったので残念…

テーマ : 花の写真日記 - ジャンル : 日記

植物/園芸  |  Top↑

2022'10.03 (Mon)

パンジーとビオラたち


お迎えいたしました ハロウィンはビオラも合わせて毎年恒例になりつつあります
新しい色も出たのでしょうか 見たことないものがちらほらありました 知らなかった品種もたくさんありました
気になった色合いもありましたが 残念ながらヨトウムシに食べられた形跡があったので 断念いたしました

真っ黒いパンジー 初めて見たのは一昨年だったかな たまたま買ったオレンジのパンジーがやけに歪だったので 不思議に思いつつ数日後に突然黒い花を咲かせたことがありました 50円苗コーナーに混ざって ハロウィン品種が混ざっていたようで(ハロウィンは150円)
それから黒いパンジーを求めて 毎年お迎えするようになりました

長くなるので 追記からいっぱい載せていきます~

テーマ : 花の写真日記 - ジャンル : 日記

植物/園芸  |  Top↑
 | HOME |  NEXT